祖父 本熊が薬を買い付けて島の健康を支えた人物

更新日:8月29日


福山 本熊 ウメ 昭和16年12月 16歳で養子となる。


養父本熊は、昭和初期 薬を買い付けて島の健康を支えた人物

施設が建つ 海の見える風光明媚な 施設の土 地は、茂雄の養父 ・ 本熊が将来この地に島民のための病院を建ててほしいと遺した場所。


本熊の熱い思いや、ともすれば強引な、やり方がなければ、この地での開院は、なかった。とも言える。(強引なやり方は、後半で。)


「島民の健やかな人生と共にありたい」という理念に基づき、 一人ひとりの 人

生に寄り添い、喜びある時を共に過ごせるよう、丁寧な医療を実践してきた。




閲覧数:10回0件のコメント